無知の知

書評を中心に、その他もろもろを予定
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< [書評]作曲家の発想術 | main | [書評]「知」のソフトウェア >>

[書評]生物と無生物のあいだ

福岡 伸一
講談社
(2007-05-18)
自分の存在が疑わしくも奇跡的に思えてくる一冊。
目次
プロローグ
第1章 ヨークアベニュー、66丁目、ニューヨーク
第2章 アンサング・ヒーロー
第3章 フォー・レター・ワード
第4章 シャルガフのパズル
第5章 サーファー・ゲッツ・ノーベルプライズ
第6章 ダークサイド・オブ・DNA
第7章 チャンスは、準備された心に降り立つ
第8章 原始が秩序を生み出すとき
第9章 動的平衡とは何か
第10章 タンパク質のかすかな口づけ
第11章 内部の内部は外部である
第12章 細胞膜のダイナミズム
第13章 膜にかたちを与えるもの
第14章 数・タイミング・ノックアウト
第15章 時間という名の解けない折り紙
エピローグ

第7章までは今日の分子生物学を支えるDNAが如何にして発見されたかを、代表的な実験や、DNA発見者として有名なワトソンとクリックに纏わる裏話などを交え、分子生物学になじみが無い人にとっても読みやすく、分かりやすくまとめられている。
例えば、DNAがたった4つの塩基A、G、C、Tで構成されていることは有名だと思うが、このように単純な物質がなぜこれほど多様な生物を生み出しうるのか。これが如何にして、様々なアミノ酸を操り、多種多様なタンパク質を作り出すか。その原理が端的にまとめられている。

第8章からが本番だ。物理学者として有名なシュレディンガーが「生命とは何か」で提起した問いである「原子はなぜそんなに小さいのでしょうか」と言う問いから、著者は現代の生物観に切り込んでいく。

P163
肉体というものについて、私たちは自らの感覚として、外部と隔てられた個物としての実体があるように感じている。しかし、分子のレベルではその実感はまったく担保されていない。私たち生命体は、たまたまそこに密度が高まっている分子のゆるい「淀み」でしかない。しかも、それは高速で入れ替わっている。
つまり、生命とは止まった存在ではなく、常に動的であり、変わり続けているものなのである。昨日の私と今日の私ですら、全く同じ物質ではありえないのだ。

このことは最新の分子生物学が発見した事実ではあるが、観念としては日本には古くからあるものなので、比較的受け入れやすいのではないかと思う。

ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例なし。
方丈記−Wikipedia

個人的にこれは、鎌倉時代の"達観"としての生命観に現代の科学の生命観がようやく追いついたことを意味していると考えている。つまり、機序こそ分からないが、人間の思考が科学に頼らずとも本質を見抜くことができることを示しているのではないかと思う。そして、誤解を恐れずに言えば、"科学的根拠"が重視される現代の思考の貧しさを間接的に表わしているようにも思う。

このような生命観は科学的事実として受け入れたとしても、実感としては非常に納得しにくい。なぜ一瞬たりとも同じ物質として存在しえない私が、自分を自分として認識することができるのか?そういう疑問がわいてくる。
そして、自分を含む人や、その他の全ての生物に向ける視線が間違いなく変わる。読み始める前は確かにそこにいた人たちの存在が、なんともいえない不確かさと尊さを孕んでいる感じがしてくる。これは是非体験してもらいたい感覚だ。
そして、著者が大学初年度に問われたと言う言葉が再び思い出される。

P3
人は瞬時に、生物と無生物を見分けるけれど、それは生物の何を見ているのでしょうか。

これに対する端的な答えは、まだ分からない。しかし、このことは次の科学を支える重要な前提だと思う。私たちは新たな生命観を形成する前段階にいるのだ。


分子生物学が今日持つに至った脅威の生物観を、その科学的根拠の部分から、初心者にも分かりやすく平易に解説してくれる本書は、是非全ての人に手にとってもらいたい。
自分自身を良く知りたい全ての人にとって、間違いなく知的好奇心が掻き立てられる一冊になると思う。
書籍名(さ行) | permalink | comments(0) | trackbacks(15) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |


ブックマークプラス by SEO対策



この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ash5.jugem.jp/trackback/22
この記事に対するトラックバック
ギャル曽根きたよ!!!!超似てるんですけど・・・・。昨日の時東あみと違って似てる...
激似!!!そねねことギャル曽根似てね??サンプル動画アリ | ギャルル(ぎゃるる) 時東あみ、安部麻美、ギャル曽根画像・動画 | 2007/10/10 11:06 AM
お笑いコンビ・ペナルティのワッキー(35)が9日、所属の吉本興業を通じ、東京都出...
ロンハーで暴露!ワッキーの暴露はまだまだありますよ。動画アリ | お笑い芸人結婚祝福してられるかいっ!!! ペナルティーワッキー編 | 2007/10/10 12:23 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/10/10 12:58 PM
脇田寧人(ワッキー)さんがナレーターコンパニオンの杉浦あゆみさんと 結婚するこ...
AV女優と結婚しちゃったのワッキー!? | ペナルティー「ワッキー」結婚!相手は二歳年下「杉浦あゆみ」AV女優!? | 2007/10/10 1:26 PM
おぃおぃ!!!!次男なにやらかしてるの・・・・。まぁ、たいして気にしてないと思う...
試合前にエッチの動画流出って・・・・。 | 亀田一家VS王者・内藤大助ボッコボコブログ。 | 2007/10/10 2:14 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/10/10 2:51 PM
鉄道オタク、通称“鉄子”のアイドルタレント、豊岡真澄(24)が結婚することが10...
鉄子が結婚してた!!!! | 鉄道オタクで有名な豊岡真澄マニアは鉄道ヲタなの?? | 2007/10/10 3:50 PM
エッチな4610 の無修正って超エロイ!エロ過ぎる!!絶対に期待を裏切らないアダルト!まじでハズレなシ!
エッチな4610 ☆絶叫☆ | エッチな4610 ☆絶叫☆ | 2007/10/11 4:01 PM
ペナルティー ワッキー・脇田寧人「ロンドンハーツ」結婚発表 チュートリアル 徳井義実 コスプレ【動画】
ペナルティー ワッキー・脇田寧人「ロンドンハーツ」結婚発表 チュートリアル 徳井義実 コスプレ【動画】 | ペナルティー ワッキー「ロンドンハ-ツ」結婚発表 チュートリアル 徳井 コスプレ【動画】 | 2007/10/11 4:33 PM
夏目しおんの無修正って超エロイ!エロ過ぎる!!絶対に期待を裏切らないアダルト!まじでハズレなシ!
夏目しおんの無修正動画、見つけた(!o!)オオ! | 夏目しおんの無修正動画、見つけた(!o!)オオ! | 2007/10/11 4:52 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/10/12 1:58 AM
【結婚】豊岡真澄【画像】鉄道マニア、所謂”鉄子”として有名なタレントの豊岡真澄さん(24)が結婚する事がわかった。お相手は一般の男性(34)で、特に鉄道好きという訳ではないそうだ。豊岡真澄が鉄道好きになったキッカケはマネージャーの南田祐介氏の影響。南
【結婚】豊岡真澄【画像】 | Keyword Paper | 2007/10/12 5:02 AM
ペナルティー ワッキー・脇田寧人「ロンドンハーツ」結婚発表 チュートリアル 徳井義実 コスプレ【動画】
ペナルティー ワッキー・脇田寧人「ロンドンハーツ」結婚発表 チュートリアル 徳井義実 コスプレ【動画】 | ペナルティー ワッキー「ロンドンハ-ツ」結婚発表 チュートリアル 徳井 コスプレ【動画】 | 2007/10/12 2:14 PM
生物と無生物のあいだ/福岡伸一 科学本というよりはエッセイでしょう。 特に、ニューヨークやボストンの街の描写などは科学者とは思えないほど詩的です。 また、分子生物学の最先端や学会の裏話など興味深い話がたくさんあって飽きさせません。
生物と無生物のあいだ/福岡伸一 | 仮想本棚&電脳日記 | 2007/10/17 10:26 PM
この本は、おもしろい。かなり。まだ途中だけど。科学者らしからぬ流れるような文章にも感服です。ソトコトにコラムを書いているようで、その文章も好きです。理系の人だったら完璧に読めますね。これは、生物って一体全体何なのよ!?ってのを福岡さんなりに決め...
h